【ここをクリック】デリバリーサービス各社招待コードまとめ(Uber,menu,chompy,foodpanda,出前館)

「Kyash」とは?発行できるカードの種類やメリット・デメリットを解説!

Kyashとは?カード発行の方法やメリット・デメリットを解説! お得情報
スポンサーリンク
出前館 配達パートナー募集
スポンサーリンク
出前館 配達パートナー募集

クレジットカード決済は便利ですが、ついつい無駄使いをしてしまうという方は多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、決済サービス「Kyash(キャッシュ)」です。

Kyashで発行することができるVisaカードはプリペイド式なので、チャージを行った金額以上に使いすぎるという心配は一切ありません。

この記事では決済サービス「Kyash」の概要や、メリット・デメリットについて解説します。

■この記事でわかること
・決済サービスKyashの概要
・Kyashで発行できるVisaカードの種類
・Kyashのメリット、デメリット

本題前にお得な情報が大好きなあなたに!

USA
USA

お得情報好きの皆さんに、いまだけ限定の、超お得情報!!
早速登録して、家族や友人を紹介していこう!
先行者利益が凄い!!
間違いなく、流行る銀行です!

東証一部上場企業:株式会社ふくおかフィナンシャルグループと

世界最大手のコンサルティング会社:アクセンチュア

が運営する、安心安全な、日本初!未来型のデジタルバンク(銀行)!

いま話題の銀行:みんなの銀行
最短10分で、口座開設!

1,000円(現金)が貰える招待コードは、
MjExTYHY
・他口座振り込み10回無料(毎月)
・ATM出金手数料15回無料(毎月)
未来型のデジタルバンクにいますぐ登録!!

みんなの銀行

みんなの銀行

Minna Bank, Ltd.無料posted withアプリーチ

詳細記事:「みんなの銀行とは?紹介コード利用で現金1,000円ゲット!

スポンサーリンク

Kyash(キャッシュ)とは?

Kyashとは、スマホで簡単に決済や送金ができるアプリのことです。

Kyashのアプリ内から「Kyash Visaカード」を発行することで、プリペイド式の決済システムを利用することができるようになります。

また、Kyashアプリをダウンロードしている人同士であれば、手数料無料で送金や割り勘機能を利用することもできます。

クレジットカード決済での無駄使いを減らしたい方や、手数料を支払わずに送金したいという方にオススメのアプリです。

■会社概要

会社名 株式会社Kyash
代表取締役 鷹取 真一
本社所在地 東京都港区南青山5-2-1 NBF ALLIANCE 201
設立 2015年1月23日
資本金 79億2,944万円(資本準備金含む)

Kyash Visaカードについて

Kyashで支払いを行うには、プリペイド式のKyash Visaカードをアプリ内で発行する必要があります。

Kyashで発行できるKyash Visaカードは以下の3種類です。

  • Kyash Card
  • Kyash Card Lite
  • Kyash Card Virtual

カードによって発行手数料は変わりますが、年会費はどれも無料となっています。

Kyash Card

■Kyash Cardの特徴
・発行手数料900円
・ICチップ搭載
・Visaタッチ決済に対応
・ポイント還元率1%
・国内、海外、オンライン決済の全てに対応

Kyash Cardは、発行手数料に900円がかかりますが、ポイント還元率が1%とKyash Visaカードの中で最も高還元率なのが特徴です。

また、ICチップの搭載やVisaタッチへの対応もしており、海外での決済も可能なので、利便性はかなり高いカードとなっています。

カラーはネイビー・ピンク・シルバーの3色から選ぶことができます。

Kyash Card Lite

■Kyash Card Liteの特徴
・発行手数料300円
・ICチップ非搭載
・Visaタッチ非対応
・ポイント還元率0.5%
・決済上限は月12万円

Kyash Card LiteはKyash Cardよりも発行手数料が安い代わりに、機能面やポイント還元率が抑えられています。

また、決済上限も設けられているので、日常使いで無駄使いを防止するためのカードとして使うのがオススメです。

Kyash Card Virtual

■Kyash Card Virtualの特徴
・バーチャルカード
・発行手数料0円
・ポイント還元率0.5%
・ネット決済かQUIC Payで使用する

Kyash Card Virtualの最大の特徴は名前の通り、バーチャルカードとして発行されるということです。

物理カードではないので、ネットショッピングやQUIC Payに入れて使用します。

実店舗で使用する際は、利用できるお店が他のKyash Visaカードと比べて少なくはなってしまいますが、財布を普段持ち歩かない人にはオススメのカードです。

物理カードを発行しない分、発行手数料も0円なので、とりあえずこのKyash Card Virtualを発行してみてはいかがでしょうか?

同じくバーチャルカードであれば、「みんなの銀行デビットカード」も入手時に現金1,500円がもらえるのでオススメです!

Kyash Card Virtualの登録・申込方法

まずは「Kyash Card Virtual」を発行してみましょう!

他のカードと異なり、発行手数料が0円かつ手続きも簡単なので、Kyashをお試しで利用したいという方にオススメのカードです。

①アプリをダウンロードする

USA
USA

下記のリンクからアプリをダウンロードしましょう!

Kyash(キャッシュ)-チャージ式Visaカード

Kyash(キャッシュ)-チャージ式Visaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

②アプリより会員登録を行う

USA
USA

アプリのダウンロードが完了したら、会員登録を行います!

①「Kyashを始める」をタップする

kyashを始めるをタップ

②「会員登録」ページより氏名などを入力する

氏名などを入力する

③「電話番号登録」ページよりmenuと同一の電話番号を入力

電話番号を入力する

④SMS認証を実施する

SMS認証を実施する

⑤バーチャルカードの発行を行う

バーチャルカードを発行する

USA
USA

Kyash Card Virtualの発行はこれで完了です!
実店舗で利用したいという方はQUIC Payに発行したカードを登録しましょう!

Kyashカードのメリット

■Kyashカードのメリット

  • 審査・書類不要でカードを無料発行
  • 使いすぎを防止できるプリペイド式
  • ポイント還元率が高い

審査・書類不要でカードを無料発行

Kyash Card Virtualであれば、アプリをダウンロードして無料会員登録を行い、その後電話番号などの必要事項を入力するだけで「Visa カード」を無料で発行することができます。

審査もないので、アプリのダウンロードからカードの発行までにかかる時間は10分程度です。

また、2022年1月23日時点では、Kyash Card Virtualの発行時に300円のクレジットが付与されていたので、アプリをダウンロードしたその日に、QUIC Payに登録をして、コンビニ支払いに使うこともできました。

使いすぎを防止できるプリペイド式

Kyashはプリペイド式の決済システムなので、使いすぎる心配がありません。

また、カードの種類によっては1回の会計での上限や、月単位での上限が決まっているので、自分で支出をコントロールするのが苦手な人でも安心です。

ポイント還元率が高い

Kyash Visaカードで決済を行った場合、カードの種類に応じて0.5〜1%のポイント還元がされます。

さらに、Kyash Visaカードへのチャージをクレジットカードで行った場合は、チャージに使用したクレジットカードのポイントも付きます。

なので、チャージをクレジットカードで行った場合のトータルのポイント還元率はかなり高いと言えるでしょう。

Kyashカードのデメリット

■Kyashカードのデメリット

  • Kyash Visaカードの一部に発行手数料がかかる
  • 金額の利用上限がある
  • ポイントの獲得上限がある

Kyash Visaカードの一部に発行手数料がかかる

Kyashで発行できる3種類のKyash Visaカードの内、Kyash Cardには900円、Kyash Card Liteには300円の発行手数料がかかります。

Kyash Card Virtualは無料で発行できますが、物理カードではないので、店舗で利用する際はQUIK Pay対応店しか利用ができません。

より多くの店舗で利用できるようにするためには、900円ないしは300円の発行手数料はやむを得ないでしょう。

金額の利用上限がある

メリットの裏返しでもあるのですが、Kyashには利用上限金額がカードごとに設定されているので、自由になんでも買い物をすることはできません。

1回の利用上限金額はKyash Cardが30万円、Kyash Card Liteが5万円、Kyash Card Virtualが3万円です。

日常使いとして使用する分には、大きな問題にはならなそうですが、何か大きな買い物をするときには利用することができないということを覚えておきましょう!

本人確認を完了させれば、Kyash Card LiteとKyash Card Virtualの1回あたりの利用上限金額を10万円にすることができます。

ポイントの獲得上限がある

Kyashはポイント還元率が高い一方で、ポイントの獲得上限があります。

上限はカードの種類によって異なり、Kyash Cardで月1,200ポイント、Kyash Card LiteとKyash Card Virtualで月600ポイントが上限となっています。

クレジットカードでKyash Visaカードにチャージを行うことで、ポイントの二重取りはできますが、1ヶ月あたりの上限があるので注意してください。

menu配達員の方はKyashで手数料が優遇!

menu配達員の方は、Kyashとmenuクルーアプリを連携させることで、menuで得た配達報酬をKyashに送金することができます。

menuから銀行口座に送金をする際にかかる手数料は400円ですが、Kyashに送金する場合の手数料は50円です。

menuの即時払い機能をより便利に活用することができるので、ぜひ利用してみてください!

関連記事:「menuの新機能!Kyashで出金手数料がお得にする方法!

まとめ:Kyashとは?

Kyashとは、スマホで簡単に決済や送金ができるアプリのことです。

Kyashのアプリ内から「Kyash Visaカード」を発行することで、プリペイド式の決済システムを利用することができるようになります。

また、Kyashアプリをダウンロードしている人同士であれば、手数料無料で送金や割り勘機能を利用することもできます。

今なら、アプリダウンロード時に300円のクレジットがもらえるので、それだけでもお得ですよ!

USA
USA

下記のリンクからアプリをダウンロードしましょう!

Kyash(キャッシュ)-チャージ式Visaカード

Kyash(キャッシュ)-チャージ式Visaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました