【初期費用0円】Uber Eats加盟店登録をするなら今がチャンス!!
景品表示法に基づく表記

当サイトには一部プロモーションが含まれます。

Uber(ウーバー)ライドシェアとは?日本で始まるのはいつ?料金なども解説!

Uberライドシェアとはのサムネイルタクシーアプリ
プロモーション

ライドシェアとは自家用車の空いている座席を他の人と共有して目的地まで移動するサービスのことです。

ライドシェアを直訳すると「Ride(乗る)」「Share(共有する)」という意味で組み合わせた言葉で、日本では「相乗り」とも呼ばれています。

ライドシェアを利用することで通常のタクシーと比べて移動料金を安く抑えることができるので観光客をはじめ様々な人に必要とされるサービスになることでしょう。

海外ではすでにUberライドシェアサービスがあり、交通費を節約したい人や公共交通機関を利用したくない人など多くの人に利用されています。

USA
USA

タクシーより安く使えるのが特徴!

まっすー
まっすー

一般の人もドライバーになれるので新たな収入源になります!

この記事ではUber(ウーバー)ライドシェアの料金や日本でいつ解禁されるかなどを解説しているのでぜひ参考にしてみてください!

当ブログ「とくマップ」は副業やおこづかい稼ぎ、サービスの口コミ・評判などに関する記事を900記事以上作成しており、月間37万PVを獲得している「お得情報メディア」です。
→おトクすぎる情報はこちら

この記事でわかること
  • Uber(ウーバー)ライドシェアとは?
  • Uber(ウーバー)ライドシェアの料金
  • Uber(ウーバー)ライドシェアはいつから始まる?
\ 初回クーポン5000円分あり /

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO Inc.無料posted withアプリーチ

お得情報!Uberの初回クーポンでタダ乗り!

Uberを初めて利用する方はプロモコード「9pykbeewcw7h」を入力すると、4,000円分のクーポンがもらえます!

プロモコード:「9pykbeewcw7h」
割引額:4,000円分(2,000円×2枚)
対象エリア:全エリア
※必ず下記よりアプリをDLしてから、プロモコードを入力してください!

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

関連記事Uberの初回クーポンや使い方まとめ!

プロモーション

Uber(ウーバー)ライドシェアとは?

Uberのライドシェアとは?

Uber(ウーバー)ライドシェアとは一般のドライバーが自分の車を利用して目的地に行きたい人を運ぶサービスのことです。

Uberの配車システムを使っているのでスマホ一つで配車から目的地の設定、決済までできるのが特徴。

日本にはまだ参入はしていませんが、海外ではUberのライドシェアサービスが存在します。

その他にも「Lyft」というライドシェアサービスもあるので海外ではライドシェアは当たり前の存在です。

日本のライドシェア解禁とは?

日本でライドシェア解禁?

タクシー事業者ではない一般のドライバーが自分の車(自家用車)を利用して目的地まで送って欲しい他人を有償で送迎する「ライドシェア」が2024年4月から部分的に解禁されます。

ライドシェアが解禁される理由としては地方のバスやタクシーのドライバー確保がかなり難しくなってきていることや、都市部の観光地においてインバウンド(海外の観光客)で急増したタクシー利用の需要によってドライバーの数が足りなくなっているのが主な理由です。

ライドシェアを解禁することでドライバー不足を補うことができ、インバウンド急増にも対応することができるので日本の経済が潤うことが考えられます。

ライドシェアはタクシードライバーになるために必須となる「二種運転免許」を持たなくても仕事ができるので日本でライドシェアが解禁されるとドライバーがかなり増えるのではないでしょうか。

USA
USA

新しい働き方が増える感じですね!

Uber(ウーバー)ライドシェアの料金

タクシーより安い!ライドシェアの料金

ライドシェアの基本料金は配車予約時にあらかじめ表示される料金が適用されます。

ライドシェアの料金は以下の要素によって決まります。

ライドシェアの料金
  • 乗車距離(配車場所から目的地)
  • 運転時間
  • ピーク料金(需要と供給のバランスによって加算される)
  • 車のグレード(高級車などは料金が高くなる)

ライドシェアの料金は通常のタクシーと比べ安くなるとされています。

なぜか安くなるかというとライドシェアは配車する時の需要と供給で乗車料金が変化するためです。

ライドシェアの車両に空きがあるときは料金が安くなります!

まっすー
まっすー

通常のタクシーよりも安く利用できるので人気が高まる可能性大!

プロモーション

Uber(ウーバー)ライドシェアの報酬

Uberライドシェアの報酬

現在、日本ではUber(ウーバー)ライドシェアは解禁されていないため報酬はわかりませんが、海外ではライドシェアを行なっているので今回は海外の例を参考にします。

USA
USA

海外ではUberライドシェアサービスが普及しています!

Uberライドシェアドライバーの年収
  • 年収中央値は795万円〜915万円

Uberライドシェアのドライバーの年収は実際の稼働時間や稼働する地域によって変わりますが、2023年の調査によるとアメリカのUberライドシェアドライバーの年収中央値は795万円〜915万円とされています。

日本の平均年収は「436万円」タクシー運転手の平均年収「530万円」と比べるとUberの報酬はかなり高い水準です。

また海外ではUberの他に「Lyft(リフト)」というライドシェアサービスもあります。

アメリカでの調査によるとLyftのドライバーの平均時給は20ドル前後(日本円で約3,000円)とされており、ニューヨークやサンフランシスコなどの大都市だと時給30ドル以上(日本円で約4,200円)稼ぐことも可能とされています。

USA
USA

UberライドシェアやLyftが日本に来るとドライバーになる人が増えそうですね!

まっすー
まっすー

時給3,000円が平均ってやばい!

Uber(ウーバー)ライドシェアの仕組み

Uberライドシェアの仕組み
ウーバーライドシェアの仕組み(利用者)
  1. Uberにユーザー登録をする
  2. 配車を依頼する
  3. 一般ドライバーとマッチング
  4. 目的地まで送ってもらう
  5. Uberに料金を支払う
ウーバーライドシェアの仕組み(ドライバー)
  1. Uberにドライバー登録をする
  2. 利用者から配車依頼がくるのを待つ
  3. 利用者とマッチング
  4. 目的地まで送る
  5. Uberから報酬を得る

Uber(ウーバー)ライドシェアの仕組みは上記の通りです。

基本的にはUberが用意しているプラットフォームに利用者、ドライバーが登録をして両者の条件が合えばマッチングをするという仕組みになっています。

ライドシェアが日本でも普及し始めると、利用者はすぐに目的地まで運んでくれる人を見つけることができ通常のタクシーより安いので移動費を節約することが可能。

またドライバー側は自分の車を用意できれば、隙間時間に副収入を得ることが可能になるので家計を潤すことができるでしょう。

まっすー
まっすー

ライドシェアが普及すると副業の選択肢が広がりますね!

Uber(ウーバー)のライドシェアはいつから始まるの?

Uberライドシェアはいつから始まる?

Uber(ウーバー)のライドシェアが日本で解禁されるのはまだ未定となっています。

2024年4月に日本では条件付きで一般のドライバーが自家用車を使って旅客を運ぶ、ライドシェアが解禁されるのでそちらがうまく機能すればもしかしたらUberのライドシェア参入もあるかもしれません。

2024年4月に日本で解禁されるライドシェアの条件は以下の通りです。

ライドシェアの条件
  • 運行管理などはタクシー会社が行う
  • ドライバーは雇用契約に限らない
  • タクシーが不足する地域・時期・時間帯が対象(都市部も含む)

解禁されるライドシェアはタクシー会社の事業の一環でタクシー運転手ではない一般のドライバーが働くようなイメージに近いです。

まとめ

Uberのライドシェアサービスは日本ではまだ参入する予定はありませんが、2024年4月に条件付きでライドシェアが解禁される予定なのでこれからライドシェアの需要が高まることは間違いないでしょう。

ライドシェアが解禁されれば、ドライバーの需要も高まりライドシェアで稼ぎたい人にとってはチャンス!

本格的にライドシェアが日本に導入されるのはまだ時間がかかると思うのでそれまでは、フードデリバリーや軽貨物などで経験を積み、ライドシェアが解禁されたタイミングですぐに利益が得れるように準備しておくのもいいかと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました