【初期費用0円】Uber Eats加盟店登録をするなら今がチャンス!!
景品表示法に基づく表記

当サイトには一部プロモーションが含まれます。

LUUP(ループ)のポート設置場所!電動キックボードの利用可能エリア!

ループ設置エリアアイキャッチ電動キックボード
プロモーション

LUUP(ループ)は、街中のどこにいてもスマホ一つで好きな場所へ簡単に行くことができる、電動キックボードです。

2023年7月からは改正道路交通法が施工され、16歳以上は運転免許不要でも乗ることが可能です。

本記事では、そんなLUUPのポート(借りる・返却する場所)設置場所や設置の手順などを分かりやすくまとめています。

USA
USA

併せて、ポートがなかった場合の対処方法や、LUUPの使い方も説明しています!

この記事でわかること!
  • LUUP(ループ)のポート設置場所
  • LUUP(ループ)のポート設置のリクエスト方法
  • LUUP(ループ)のポート設置の手順
  • LUUP(ループ)のポート設置場所がない場合
  • LUUP(ループ)電動キックボードの使い方

おすすめ!紹介クーポンで30分無料!

luupのイメージ

まっすー
まっすー

16歳以上であれば運転免許証を持っていなくてもLUUP電動キックボードを利用できるようになりました!

■LUUPの招待コード
「RF5LZIT5」

LUUPには友達紹介キャンペーンがあります。

招待コード「RF5LZIT5」を入力すると30分間無料クーポン(450円相当)がもらえるお得なキャンペーン!

こちらの紹介クーポンは2回目以降の乗車でも利用できるので、初回クーポンを使った後に利用するのがおすすめです!

1回利用すればわかる!30分無料!

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

Luup, Inc.無料posted withアプリーチ

関連記事LUUPの使い方や乗り方を徹底解説!

プロモーション

LUUP(ループ)のポート設置場所

LUUPには全国で約4000ポート設置場所があります。(2023年8月現在)

また、2023年中にはさらにポート設置のエリアが拡大する予定です。

ポートが設置してあるエリア
  • 東京
  • 大阪
  • 横浜
  • 京都
  • 神戸
  • 名古屋
  • 宇都宮

ループ設置場所

その中でも東京エリアではポートの設置場所は非常に多くあります。

東京エリアのポート設置地域
  • 渋谷区
  • 新宿区
  • 品川区
  • 世田谷区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 港区
  • 目黒区
  • 千代田区
  • 中央区

ループ東京エリア設置場所

困ったくん
困ったくん

今話題のLUUPを使ってみたいけど、家の近く設置されてないや…。

USA
USA

LUUPはポートの設置場所のリクエストが可能です!
リクエスト方法をお伝えしていきますね。

「RF5LZIT5」を入力で30分無料!

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

Luup, Inc.無料posted withアプリーチ

LUUP(ループ)のポート設置場所はリクエストできる

LUUPでは、ポートのリクエストがあった場合、担当者から管理会社などへ優先的に設置のご提案を行っています。

下記が申請フォームの入力フォーマットです。

ループリクエスト方法

名前やメールアドレス、ポート設置のリクエスト住所などを入力し、送信ボタンを押せば申請完了です。

「RF5LZIT5」を入力で30分無料!

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

Luup, Inc.無料posted withアプリーチ

LUUP(ループ)のポートを置きたい場合の手順

ポートの設置は企業はもちろん、個人の方でもとっても簡単に設置できるんです!

USA
USA

ポートの導入にあたってはLuupの専門チームが行いますので、オーナー様の立ち会いは不要、負担もありません!

ポートの導入

まずはLUUPに相談をしましょう。

LUUPのホームページにある設置相談フォームからお問い合わせをすると、担当者から設置に関する詳細の連絡がきます。

「ポートを設置したいけど、スペースが足りるか心配」という方も、「設置は未定だけど、話だけ聞いてみたい」という方も気軽に質問しても問題はないようです。

ポートの設置手順

ポートの設置手順はたったの4ステップ!

LUUPの専門スタッフの方が手続きをしてくれるため、立ち合いは不要、負担もありません。

ポートの設置手順
  • step1
    テープを張る、固定する
  • step2
    ユーザー案内用の備品を設置する
  • step3
    アプリ掲載用の写真を撮影する
  • step4
    利用開始

設置後およそ1週間でアプリに反映され、ポートの利用が開始されます。

ポート設置後

ポート設置後に伴うフォローも気になりますよね。LUUPでは導入後も万全のフォロー体制を整えています

  • Luupのカスタマーサービス(CS)による、メール・お電話を通じて徹底サポート
  • Luupの専門チームによる定期的なメンテナンス
  • 安心の保険加入(全てのLUUPのサービスには保険付帯)

LUUP(ループ)のポート設置場所がない人向けサービス

Bird(バード)は世界最大手の電動キックボードシェアリングサービスです。

Birdの設置場所

東京都立川市の周辺。

Bird(バード)は随時利用できるエリアを拡大していますが、現状利用できる場所は東京都の立川市周辺のみです。

利用できるエリアはかなり限定的ではありますが、立川市周辺のポート数は十分あるので、利用エリアに居住している方や活動されている方は、ぜひ利用してみては?

参考記事Bird電動キックボードの使い方・料金!

LUUP(ループ)電動キックボードの使い方

LUUP電動キックボードの使い方について説明していきます。

LUUP操作方法
  • アクセルとブレーキについて
  • スマホホルダーについて
  • スタンドの上げ方

アクセルとブレーキについて

LUUPのアクセル

LUUPのアクセルは、上記画面の赤枠で囲まれている部分にある「Push & go」を記載されているレバーです。

LUUPを通常のキックボードと同様に蹴り出したあとにレバーを押すと、その後は電動でLUUPが進み続けます。

最高速度は15kmほどとなっており、下り坂でも上り坂でもこの速度は上下しません。

ブレーキは自転車と同様で、ハンドルにあるレバーを引けばOKです。

まっすー
まっすー

車体差もあるかもしれませんが、僕の借りた車両はブレーキが結構硬めでした!

スマホホルダーについて

LUUPのスマホホルダー

LUUPにはハンドル左側にスマホホルダーが付いています。

上記画面の赤枠部分のツマミを回して、幅を調節する仕組みです。

まっすー
まっすー

僕自身が使っているスマホはiPhone14 ProMaxと大型のスマホでしたが、ホルダーに装着することはできました!

ただ、ホルダー自体が鉄でできているため、強く締めるのには正直抵抗が、、

そのせいか走行中にツマミが緩むこともあったので注意した方が良さそうです。

一応、スマホホルダーにマグネットも装着されているので、落下するということはありませんでした!

スタンドの上げ方

LUUP電動キックボードの画像

LUUPのスタンドは車両の前方下に設置されています。

車両を前に押すと自然にスタンドが上がるようになっており、スタンドを下げる際はスタンドを足で踏みながら車両を後ろに引っ張ればOKです。

LUUPの乗り方の詳細については、下記記事も参考にしてみてください!

参考記事LUUPの使い方や料金について解説

まとめ

本記事ではLUUP(ループ)の設置場所や設置手順について解説していきました。

設置場所も少しずつ増えており、とても便利な移動手段の一つとなってきております。

ポートの設置もLUUPの専門チームが行ってくれるため、とても簡単に設置が可能です!

招待コードを入力することで、60分乗車無料のお得なキャンペーンも行っているため、この機会に使ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ!紹介クーポンで30分無料!

luupのイメージ

まっすー
まっすー

16歳以上であれば運転免許証を持っていなくてもLUUP電動キックボードを利用できるようになりました!

■LUUPの招待コード
「RF5LZIT5」

LUUPには友達紹介キャンペーンがあります。

招待コード「RF5LZIT5」を入力すると30分間無料クーポン(450円相当)がもらえるお得なキャンペーン!

こちらの紹介クーポンは2回目以降の乗車でも利用できるので、初回クーポンを使った後に利用するのがおすすめです!

1回利用すればわかる!30分無料!

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

Luup, Inc.無料posted withアプリーチ

関連記事LUUPの使い方や乗り方を徹底解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました