【ここをクリック】デリバリーサービス各社招待コードまとめ(Uber,menu,chompy,foodpanda,出前館)

Chompy配達員のチャレンジについて、徹底解説!

chompy
スポンサーリンク

今回は、渋谷を中心に、サービスを拡大しており、ユーザー、加盟店、配達員ファーストで評判の良い、国内発のデリバリーサービス企業Chompy(チョンピー)の配達員向けの制度、チャレンジについて解説します!

本記事は、デリバリー配達員として働いていて、デリバリー配達員やこれからデリバリー配達員を始めてみたい方向けに役立つ情報を提供しており、配達員の紹介実績は2,000名以上のASAKUSA’Sが書いております。
Chompyについて、まだ何も知らないという方は、下記の記事をご覧ください。(配達員になりたい方は、招待コード【KRRBLC】を登録時に、ご利用いただくと、紹介報酬¥7,500の権利を得ることができます。
スポンサーリンク

Chompy配達員のチャレンジについて

Chompyにはチャレンジという機能があります。

チャレンジとは、様々な時間帯にあわせて、チャレンジタイムが設定されており、下記の条件を満たすと、時給保証やブーストUPの特別条件が付与されるシステムのことを指します!

チャレンジ条件について
①チャレンジ時間に対して、オンライン時間90%以上
②承諾率80%以上(ピック依頼の受注率)
③同時配達(同時オンライン)をしないこと

毎日16時に、翌日のチャレンジ内容が発表されます。

※チャレンジの選択は、基本的に早い者勝ちですが、現在は、ランク制度というものが導入されており、早い者勝ちではなくなっております。

ランク制度は、配達の稼働実績により、ポイント制となっておりまして、6階層の26段階で、ランクが分かれております。

例えばゴールドランクは、ブロンズランクの人に比べて、1時間早くチャレンジに応募することができ、シルバーランクは、ブロンズランクの人に比べて、30分早くチャレンジに応募することができるといったような、メリットを有しています。
✔ランク制度についての詳細は、下記の記事をチェック

Chompy配達員のチャレンジの具体的な内容

チャレンジ時間(一例)
※エリアや場所によって、時給保証額やブースト率も変わります!

時間 時給保証額 ブースト
10:00~11:00 1300円 1.3
11:00~15:00 1300円 1.3
11:15~12:45 1400円 1.4
11:45~13:30 1300円 1.3
15:00~17:00 1300円 1.3
17:00~21:00 1300円 1.3
18:15~20:15 1500円 1.4
21:00~24:00 1300円 1.3

ウサが、以前、初めてチャレンジに挑戦した結果、3時間で8,400円稼ぐことができました!

※チャレンジに関しては、人数制限があるため、条件を達成できることが大前提となります。
前述したチャレンジ条件を満たすことができない場合、一定期間チャレンジに参加することができない期間が発生する場合があります。
具体的な期間については、未開示となっております。

チャレンジを実施する上で、気を付けるべきこと

チャレンジは、Chompy配達員であれば誰もが予約を取りたいものです。

時給保証はつくうえに、倍率も、通常時の1.2倍より高い場合もあるからです!

なので、チャレンジをとった場合は、しっかりシフトの時間は、稼働することが求められます。

万が一、欠勤やチャレンジの成功条件を達成できなかった場合は、ペナルティがあるので注意しましょう。

ペナルティとは、チャレンジに応募できなくなるということです。

Chompy配達員のチャレンジのペナルティ

チャレンジにペナルティがかかる理由については、主に以下のいずれかです。

チャレンジに失敗した

チャレンジ詳細にある、「チャレンジ成功条件」を満たしていないほど、時給保証がなくなる可能性が高いです。

チャレンジ条件について
①チャレンジ時間に対して、オンライン時間90%以上
②承諾率80%以上(ピック依頼の受注率)
③同時配達(同時オンライン)をしないこと

チャレンジを辞退した

募集締め切りに近い時間にキャンセルをするほど、ペナルティ期間が長くなります。
間際のキャンセルが発生した場合、代わりの人が見つからなくなる可能性が高まり、見つからない場合、運営側で想定している注文に対応できなくなる可能性があるからです。

チャレンジの時給保証額が他のクルーと比べたとき、著しく高い

例えば、10人のチャレンジだった場合に、9人は時給保証額が1,500円(1時間分)、1人は保証額が4,500円(3時間分)など場合に、保証額が4,500円の方にペナルティがかかります。

これは、時給保証がつくことをいいことに、注文が鳴らないエリアで、配達をしないで待っているという不正を防止するためです。

つまり、オファーが発生しにくい場所、具体的には渋谷から離れた場所で待機することで、配達をせずとも時給保証を得ることができますが、時給保証は、あくまで貢献してくださるクルーの方々のために時給保証をしていることから、保証額が著しく高い場合は、チャレンジが悪用されている可能性があると判断されて、ペナルティがかかる可能性があります。

まとめ:Chompyのチャレンジ制度について

今回は、Chompy配達員のチャレンジ制度について、解説しました。

Chompyのチャレンジ制度は、Chompy配達員の最大のメリットであるので、配達員であれば、是非参加したいですよね!

配達員登録をする際は、お得な招待コード【KRRBLC】を利用して登録していただくことをお勧めしています。

30日以内に30回配達をすることで、7,500円の特別報酬がゲットできます!

是非、ご興味ある方は、下記の記事をご参考までに。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました