【ここをクリック】デリバリーサービス各社招待コードまとめ(Uber,menu,chompy,foodpanda,出前館)

ゴーストレストランとは?店舗を持たない飲食店のメリット・デメリットを解説!

ゴーストレストランとは?メリット・デメリットを解説! 加盟店向け
スポンサーリンク
出前館 配達パートナー募集
スポンサーリンク
出前館 配達パートナー募集

「初期費用やランニングコストをなるべく抑えて、飲食店を開業したい」という方にオススメなのが「ゴーストレストラン」です。

実店舗で料理の提供を行わずに、デリバリー専門で料理を提供するゴーストレストランなら、内装・外装工事が不要かつ、調理場さえ確保できれば飲食店を開業することができます。

ホール業務もないので、スタッフの人件費を削減できるのも大きな魅力です。

USA
USA

この記事ではゴーストレストランのメリットやデメリットを解説します!

■この記事でわかること!
・ゴーストレストランとは
・ゴーストレストランのメリット
・ゴーストレストランのデメリット
\ 今なら登録手数料が無料 /Uber Eatsの加盟店に登録する

詳細記事:「Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店に登録・出店する方法!

スポンサーリンク

ゴーストレストランとは?

■ゴーストレストランとは
実店舗を持たないデリバリー専門の飲食店!

ゴーストレストランとは、実店舗を持たずにデリバリーを専門とした飲食店のことです。

店内で食事をするスペースを用意せずに、ウーバーイーツや出前館などのデリバリーサービスから注文を受けて、飲食の販売を行います。

調理場さえ用意できれば飲食店を開業することができるので、運営に必要な固定費や初期費用を大幅に削減できるのが特徴です。

USA
USA

条件さえ整えば、自宅で飲食店を開業することも可能です!

ゴーストレストランのメリット

■ゴーストレストランのメリット

  • 初期費用が抑えられる
  • ランニングコストが安く済む
  • 天候に左右されにくい

初期費用が抑えられる

一般的に飲食店を開業する際には、内装工事や外装工事、店舗装飾品、テーブルや椅子の購入で数百万円かかることもあるでしょう。

ですが、ゴーストレストランの場合は店舗にお客さんが来ないので、それらの費用をかける必要がありません。

調理場やデリバリー用の備品などの用意さえすればいいので、数十万円の初期費用で開業することができます。

ランニングコストが安く済む

ゴーストレストランは、通常の飲食店よりもランニングコストが安く済みます。

ゴーストレストランの場合、店舗で売上を立てる必要がないので小さな箱でも営業することが可能ですし、空中階(2階以上)の立地でも問題がありません。

なので、家賃を抑えやすいです。

また、ホール作業やレジ業務もなく、調理スタッフのみを雇えば良いので人件費も安く済ませることができます。

天候に左右されにくい

通常の飲食店であれば、悪天候の日は来店が少なくなるので売上が下がりますが、ゴーストレストランの場合は店舗に来店する必要がないので、売上が下がることがありません。

むしろ、悪天候の日はデリバリー需要が高まるので、売上が上がることの方が多いでしょう。

天候に左右されずに、一定の売上を見込めるのはゴーストレストランならではの魅力です。

ゴーストレストランのデメリット

■ゴーストレストランのデメリット

  • プロモーションがむずかしい
  • 提供できる料理の種類が限られる
  • 店舗の魅力や雰囲気で集客ができない

プロモーションがむずかしい

ゴーストレストランは店舗を構えていないので、通常の飲食店に比べてプロモーションがむずかしいです。

通常の飲食店であれば、「道を歩いていたら偶然見つけた」といったことがありますが、ゴーストレストランにはそれがありません。

受け身の姿勢では、まず店舗を認知してもらうことができないので、SNSやウーバーイーツなどのプラットフォーム上でのプロモーションなどを駆使して、自ら積極的にプロモーションを行う必要があります。

提供できる料理の種類が限られる

ゴーストレストランはデリバリーでしか料理を提供することができないので、メニューをデリバリーに向いているものに絞る必要があります。

「熱々でないと美味しさが伝わらない」「こぼれやすい」といった料理はデリバリーで提供すると、リピートしてもらえる可能性が低くなるので注意しましょう。

店舗の魅力や雰囲気で集客ができない

通常の飲食店であれば、内装の雰囲気や接客といった料理以外の部分でもお店の魅力を伝えることができますが、ゴーストレストランではそれができません。

お客さんとの接点が少ない分、良くも悪くもお店の評価は料理で決まりやすいです。

少しでも顧客満足度を高めてリピーターを増やす努力として、メッセージを書き加えるなどのひと手間を加えているお店も多いので、ぜひ真似してみましょう!

ゴーストレストランにかかる初期費用

■ゴーストレストラン初期費用
数十万円が目安

ゴーストレストランの最大の魅力とも言えるのが「初期費用の安さ」です。

内装や外装、テーブルや椅子などを用意する必要がないので、通常の飲食店の10分の1程度「数十万円」から飲食店を開業することができます。

■ゴーストレストラン主な初期費用

  • 調理場の契約料
  • デリバリー容器代
  • デリバリーサービスの登録料 etc…

ウーバーイーツであれば、通常5万円かかる登録手数料が期間限定で0円になっているので、これからデリバリーサービスの登録を行う方は、今のうちに登録だけでもしておくのがオススメ!

\ 今なら登録手数料が無料 /Uber Eatsの加盟店に登録する

詳細記事:「Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店に登録・出店する方法!

まとめ:ゴーストレストランとは?

■ゴーストレストランとは

  • デリバリー専門の飲食店
  • 少ない初期費用で開業できる
  • ランニングコストも安く済む

ゴーストレストランは店舗で飲食を提供しない「デリバリー専門の飲食店」です。

小さな箱で開業でき、内装や外装工事なども必要ないので、少ない初期費用で開業できるのが大きな魅力となっています。

USA
USA

初期費用を抑えてスモールスタートできるゴーストレストランは年々増加中!

興味のある方はまず、ウーバーイーツに問い合わせて資料請求をしてみましょう!

\ 今なら登録手数料が無料 /Uber Eats加盟店の資料請求をする

詳細記事:「Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店に登録・出店する方法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました