【初期費用0円】Uber Eats加盟店登録をするなら今がチャンス!!
景品表示法に基づく表記

当サイトには一部プロモーションが含まれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は小売店も出店OK!花屋やスーパーも!

小売店もUber Eats(ウーバーイーツ)に出店可能!デリバリー加盟店向け
プロモーション

フードデリバリーで有名なUber Eatsでは、飲食店だけでなくスーパーや花屋といった小売店も加盟店登録をすることができます。

Uber Eatsに加盟することで、実店舗以外でも売上を作ることができるので、ビジネスを拡大させるチャンスです。

今ならUber Eatsの出店手数料は0円ですし、年会費や月額使用料もないので、とりあえず登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するメリット

\ 今なら登録手数料が無料 /Uber Eatsの加盟店に登録する
■この記事でわかること!
・花屋やスーパーがUber Eatsに出店するメリット
・Uber Eats小売店の出店の流れ
・Uber Eatsに加盟店登録する方法

大注目!10分で届く最速のデリバリー「OniGo」!

USA
USA

初回注文は送料無料&40%オフ!!(史上最高の割引額!)

間違いなく初回注文はお得だから、この機会に使うべし!

まっすー
まっすー

オニゴーの商品価格は、コンビニより安いぐらいの値段設定です!

40%割引クーポンを使えば、間違いなく自分で買いに行くよりもお得になります!
期限を逃すと非常にもったいない!この機会に早速使って、注文してみましょう!

最大40%引きクーポン配布中!

最速デリバリー「OniGO」
初回送料無料!
40%offクーポン

オニゴークーポン

クーポンコード
「GM23」

宅配ネットスーパーOniGO / フードデリバリー

宅配ネットスーパーOniGO / フードデリバリー

Onigo株式会社無料posted withアプリーチ

この機会を逃すことのないように、即クーポンを利用してOniGOのサービスを使ってみましょう!
40%引きで購入すれば、必ずお得になることは間違いなし!

関連記事OniGoのクーポン情報や使い方を徹底解説!

プロモーション

花屋やスーパーなどの小売店がウーバーイーツに出店するメリット

■小売店が出店するメリット

  • 店舗の露出が増える
  • ギフト利用が増える
  • 天気が悪い日の売上対策になる

店舗の露出が増える

実店舗の存在を知ってもらうためには、チラシを巻いたり、お店の前を通ってもらったりする必要がありますが、Uber Eatsに出店すれば、それだけで店舗の露出が増えます。

Uber Eatsは月間利用者数が400万人を超える巨大サービスです。

たとえ、人通りの少ない場所に店舗があったとしても関係ありません!

Uber Eatsのアプリに表示されれば、多くの人にお店を知ってもらうことができますよ!

ギフト利用が増える

Uber Eatsは住所を知っている人であれば、本人でなくても注文が可能です。

そのため、お花や化粧品といった商品をギフトとして届けてもらうという使い方もできます。

Amazonだと早くても当日の夕方、ないしは翌日の配達となりますが、Uber Eatsなら数十分で配達可能!

小売店の方がUber Eatsに出店しておけば、お友達の誕生日であることに当日気がついたというような方の受け皿になることができますよ!

天気の悪い日の売上対策に

実店舗の客数は天候が悪くなると下がりますよね?

一方でUber Eatsの注文数は天候が悪い日の方が伸びる傾向にあります。

そのため、Uber Eatsに出店することで、天候に左右されにくい営業体制を整えることにつながります。

日用品や食料品のデリバリーは昨今のトレンドになりつつある分野なので、そのような商品を取り扱っている小売店の方は特にオススメ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)小売店配達サービスの仕組み

Uber Eatsに小売店が加盟した場合、以下の流れでデリバリーの注文が行われます。

まっすー
まっすー

大きく分けて、小売店のデリバリーは3ステップです!

①利用者がアプリから注文する

アプリから注文が入る

利用者はUber Eatsアプリを利用した、小売店のメニューを検索して注文を行います。

②注文を受け付けて準備をする

タブレットで注文を受け付ける

自分の店舗に設置しているタブレットに注文が入るので、商品の準備を開始します。

準備が完了したら、Uber Eats配達パートナーが店舗に到着するのを待ちましょう。

③注文の準備完了

注文の準備完了

Uber Eats配達パートナーが店舗に到着したら、商品を受け渡します。

受け渡しができたら、店舗のタブレットで完了ボタンと配達パートナーの評価をして、デリバリー注文は終了です。

\ 今なら登録手数料が無料 /Uber Eatsの加盟店に登録する

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店している小売店の例

■Uber Eatsに加盟している小売店

  • ローソンストアなどのコンビニ
  • マルエツなどのスーパー
  • 花屋
  • ドラッグストア
  • 家電量販店 etc…

店舗数としては、日用品や食料品を取り扱っている小売店が最も多く、人気のカテゴリーとなっています。

また、花屋や家電量販店といったカテゴリーは加盟店数がかなり少ないので、出店するだけでかなり店舗の認知度を上げることができそうです!

Uber Eatsに出店している花屋のイメージ

Uber Eatsに出店している花屋のイメージ

\ 今なら登録手数料が無料 /Uber Eatsの加盟店に登録する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の出店条件

Uber Eatsに出店するためには下記の条件をクリアしている必要があります。

■Uber Eatsに出店する条件

  • 5品以上のメニューの用意
  • 1日3時間以上の営業時間
  • 週4日以上の営業
  • 対応エリア内に店舗がある
  • 営業許可証がある
\ 今なら登録手数料が無料 /Uber Eatsの加盟店に登録する

詳細記事:「Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するための条件!

Uber Eats(ウーバーイーツ)でかかる登録費用

イメージ画像③

Uber Eatsの加盟店にかかる費用は大きく分けて以下の4つです。

  1. タブレット代 税込22,500円
  2. 掲載用の写真撮影 税込13,000円
  3. 注文1件あたりの35%の手数料
  4. 売上金額の10%程度の容器や包装用紙代
\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら

詳細記事:「Uber Eats出店費用は?手数料や初期費用の免除について解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店に登録する方法

■Uber Eats加盟店に登録する方法

  1. 公式HPで住所と連絡先を記入
  2. 業務提携に対する意向の確認
  3. 店舗情報の確認
  4. 契約概要の確認
  5. メニュー内容を送信
  6. メニュー提供時間の設定
  7. 確認用のメールアドレスの登録
  8. アカウント作成
\ 今なら登録手数料が無料 /Uber Eatsの加盟店に登録する

詳細記事:「Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店に登録・出店する方法!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の出店に関する問い合わせ

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店に関する問い合わせ先は?

ウーバーイーツ加盟店に関する問い合わせに関しては公式HPの問い合わせフォームから行えます。

USA
USA

資料請求も下記のリンクからできます!

まとめ:花屋やスーパーもUber Eatsに出店できる!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店には飲食店のみならず、花屋やスーパーなどの小売店も出店することができます。

実店舗の客数は天気が悪いと鈍る傾向にありますが、デリバリーはむしろ悪天候時に注文数が増えます。

特に日用品や食料品のデリバリーは、昨今人気のカテゴリーとなっており新サービスも続々登場している状況です。

Uber Eatsで出店すれば、Amazonよりも早く商品を届けることができるので、ユーザーにとってもかなり便利!

今ならUber Eatsの出店手数料は0円ですし、年会費や月額使用料もないので、とりあえず登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?

\ 今なら登録手数料が無料 /Uber Eatsの加盟店に登録する

コメント

タイトルとURLをコピーしました