【ここをクリック】デリバリーサービス各社招待コードまとめ(Uber,menu,chompy,foodpanda,出前館)

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店登録・出店のメリットとデメリットを解説!

ウーバーイーツ加盟店になるメリット Uber Eats
スポンサーリンク
出前館 配達パートナー募集
スポンサーリンク
出前館 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)の出店を検討している方の中には、どのようなメリットやデメリットがあるのかを知りたいという方は多いのではないでしょうか?

結論、Uber Eatsは登録手数料も解約手数料も0円なので、とりあえず登録をしてサービスを体験してみるのが一番オススメです。

この記事では、Uber Eatsの出店に関するメリットとデメリットを紹介するので、ぜひ加盟店登録の参考にしてください!

■この記事でわかること!
・Uber Eatsに出店するメリット
・Uber Eatsに出店するデメリット
・Uber Eats独自のサービス
困ったくん
困ったくん

「自分のお店でもUber Eatsの導入をしてみようかな〜」

USA
USA

「期間限定で登録手数料も解約手数料も無料なので早めに始めることをオススメします!」

\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら
スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

ウーバーイーツロゴ見出し画像

「Uber eats」とはアメリカ発のUber Technologyが運営しているフードデリバリーサービスのことです。

サービス名の通り、飲食店のフード、ドリンクのような飲食をデリバリーすることがメインのサービスで、世界中の飲食店のビジネス拡大、サービス向上、収益アップをサポートするテクノロジープラットフォームです。

最近は料理だけではなく、ローソンや成城石井なども加盟店舗になっており、日用品なども取り扱いを始めており、デリバリー業界では、一番有名なサービスです。

企業概要

  • 世界最大手のライドシェア企業(タクシーの配車サービスが最初)
  • 事業内容:テイクアウト、デリバリーサービス「Uber Eats」を企画、運営(デリバリーサービスは2016年9月より東京エリアからスタート)
  • ソフトバンクが大株主として出資していることでも有名

飲食店にフードデリバリーサービスを導入すべき理由

イメージ画像①

Uber Eatsの加盟店になるメリットを確認する前に、まずは飲食店にフードデリバリーサービスを導入すべき理由について確認しましょう!

飲食店にフードデリバリーサービスを導入すべき理由

  1. フードデリバリーサービス導入により80%の事業者が売上増加
  2. 4人に1人は店舗以外での注文での使用金額の方が高い
  3. 米国内レストランのフードデリバリーサービスによる売上高は77%上昇する見込み
  4. 消費税の軽減税率8%が適用される
\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら

フードデリバリーサービス導入により80%の事業者が売上増加

Uber Eatsの調査によると、80%の調査対象の事業者が、配達によって売上が増えたと回答しています。

営業時間や客席数の制限がかかる店内での売上減少を補填することができます。

4人に1人は店舗以外での注文での使用金額の方が高い

調査対象の4人に1人は、店舗以外の場所での注文に使用する金額の方が、店舗で使用する金額より高いということが、Uber Eatsの調査で判明しています。

コロナ禍でフードデリバリーサービスが浸透している証拠とも言えるでしょう。

米国内レストランのフードデリバリーによる売上高は77%上昇する見込み

米国内でのデータにはなりますが、Uber Eatsの調査で2017〜2022年にかけてフードデリバリーサービスによる売上高は77%上昇する見込みです。

日本でもコロナ禍で、テレワークの推進や外出自粛の要請、飲食店の営業時間短縮などが行なわれた影響で、自宅時間が増えました。

テレワークやフードデリバリーサービスなどに触れることで、自宅にいながら仕事や飲食ができることに利便性も感じています。

日本でもフードデリバリーサービスの需要は一定数増加すると見て良いでしょう。

消費税の軽減税率8%が適用される

2019年10月の増税により消費税は10%に引き上げられましたが、テイクアウトやデリバリーの飲食物に関しては、軽減税率が適用されているので、消費税が8%です。

そのため、外食で高い消費税を支払うよりも、テイクアウトやデリバリーを利用するという、顧客の需要も生まれています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店になるメリット7選

イメージ画像②

では本題のUber Eatsの加盟店になるメリットを確認していきましょう!

加盟店になるメリットは以下の7つです↓↓

  1. 登録費用・月額費用が0円!
  2. カード決済手数料はUber Eats負担!
  3. 解約金や違約金なし!
  4. 始めたい時も、休みたい時も自由!
  5. 店舗認知度の向上!
  6. インバウンド需要にも対応可能!
  7. Uber Eats専用ツールが優秀!
\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら

登録費用・月額費用が0円!

Uber Eatsは登録費用が期間限定で0円です。(終了日未定)

また、月額費用も0円です。
仮に注文が入らなかったとしても赤字にはならないシステムになっています。

登録費用も月額費用も0円なので、気軽にフードデリバリーサービスを導入することができます!

カード決済手数料はUber Eats負担!

Uber Eatsはカード決済にも対応しているのですが、その際に発生するカード決済手数料はUber Eats負担となっています。

ちなみにUber Eatsはカードによる決済がほとんどです。

出前館ではカード決済手数料を2〜3%程度、店舗負担で支払う料金体系になっています。
Uber Eatsと出前館の違いについて気になる方は下記の記事をご覧ください↓↓

解約金や違約金なし!

Uber Eatsに出店後、仮にサービスを辞めたいと思ったとしても、解約金や違約金は一切発生しません。

登録手数料が無料の期間に出店をすれば、費用をかけずにUber Eatsのフードデリバリーサービスをお試し体験することができます!

始めたい時も、休みたい時も自由!

Uber Eatsは営業を始めたい時にタブレットをONにすればOKです。
逆に休みたい時はタブレットをOFFにするだけです。

好きな時間に注文が受けられるので、店舗の状況に合わせてUber Eatsを活用しましょう!

※1日の最低営業時間や、最低営業日数は守らなくてはいけないので注意!
詳しい出店の条件については下記の記事をご覧ください↓↓

店舗認知度の向上!

Uber Eatsのプラットフォームに店舗を掲載することで、今までにアプローチできなかった顧客層に名前を知ってもらえるので、店舗認知度の向上が期待できます!

Uber Eatsは国内最大手のフードデリバリーサービスなので、その広告宣伝費を固定費をかけずに行えるのは大きなメリットです。

インバウンド需要にも対応可能!

Uber Eatsは世界各国で展開しているフードデリバリーサービスなので、外国人旅行者がホテルで注文を行う時などの、インバウンド需要にも対応することができます!

国内発のフードデリバリーサービスにはない強みです。

Uber Eats専用ツールが優秀!

Uber Eatsにはレストランマネージャーという専用ツールがあります。

このレストランマネージャーが非常に優秀で、注文の履歴の確認や、営業時間などの変更をオンラインで行うことができます。

時間帯別の売上や商品別の売上構成比の算出なども行えるので、店舗分析やマーケティングの観点からも利便性が高いです!

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するデメリット

■Uber Eatsに出店するデメリット

  • 店舗のオペレーションが増える
  • デリバリー用の場所をとる
  • 登録から出店までに3ヶ月くらいかかる
\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら

店舗のオペレーションが増える

今までデリバリーを導入していない店舗がUber Eatsに出店をした場合、オペレーションはかなり増えます。

なぜなら、店舗で提供している料理とデリバリーで用意する料理はかなり性質が異なるからです。

具体的には、デリバリー用の容器に合わせた盛り付けや配達員との受渡のやりとりなどです。

また、それらのUber Eats用のオペレーションを各スタッフに教える、教育の労力も必要となります。

USA
USA

逆に、他のデリバリーサービスをすでに導入しているお店の場合は、それほどオペレーションは増えません!

デリバリー用の場所をとる

Uber Eatsを導入すると、タブレットやデリバリー用の容器やカトラリーを用意しなくてはならないので、キッチンの場所を取ります。

Uber Eatsの導入を検討している場合は、自分のお店の調理場にデリバリーに必要な備品を設置できる場所が確保できるかを確認しておきましょう!

USA
USA

すでに他のデリバリーサービスを利用している場合は、タブレットが追加されるだけで済みます!

登録から出店までに3ヶ月くらいかかる

Uber Eatsの出店には登録から3ヶ月くらいの時間がかかります。

必要書類の提出や、メニューの作成・提出などの準備が必要なためです。

いざ、出店したいと思ってもすぐに営業開始できるわけではないので、出店を検討している人は今の内に資料請求だけでも済ませおきましょう!

USA
USA

資料請求は無料でできますよ!

まとめ:Uber Eats(ウーバーイーツ)に加盟店登録・出店をするメリット7選

イメージ画像③

Uber Eats(ウーバーイーツ)に加盟店登録するメリットについてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

Uber Eatsの加盟店登録は期間限定で0円(終了日未定)で行うことができて、解約手数料や違約金も一切ないので、この機会にお試しで始めてみることをオススメします!

\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら

Uber Eatsの加盟店登録についてもっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください↓↓

最後までご覧いただきありがとうございました!

■フードデリバリーサービスの導入を検討している方にオススメの記事

加盟店向け|フードデリバリーサービス4社の手数料・費用を比較!
本記事では、飲食店の方向けに4社(Uber Eats、出前館、menu、クロステーブル )のフードデリバリーサービスの初期費用、手数料の違いについてまとめています!これからフードデリバリーサービスを導入しようと考えている方はぜひ本記事をご覧ください!
【無料で出店】出前館に店舗登録する方法!加盟店手数料なども解説!
本記事では飲食店向けに出前館の加盟店に登録する方法や、手数料などの費用、出店のメリットについて解説します!以下の悩みを持っている方にオススメの記事です。「出前館に加盟店登録したいけどやり方がわからない!」「出前館の手数料はどのくらいか...
【今なら無料で出店可】menuの加盟店に登録する方法!出店に関する手数料や、メリットなどを解説!
本記事では飲食店向けにmenuの加盟店に登録する方法や、手数料などの費用、出店のメリット・デメリットについて解説します!はじめに結論を申し上げると、現在はキャンペーンによりmenuの加盟店登録は費用をかけずに行えるので、デリバリー...
【飲食店向け】DiDiフードの加盟店登録方法や手数料を解説!
本記事では飲食店向けにDiDiフードの加盟店に登録する方法や、手数料などの費用、出店のメリット・デメリットについて解説します!以下の悩みを持っている方にオススメの記事です。「DiDiフードに加盟店登録したいけどやり方がわからない...
DOORDASH(ドアダッシュ)の加盟店に登録する方法!出店にかかる初期費用などの費用、導入のメリットについて解説!
本記事では飲食店向けにDOORDASH(ドアダッシュ)の加盟店に登録する方法や出店にかかる手数料、出店のメリット・デメリットについて解説します!以下の悩みを持っている方にオススメの記事です。「ドアダッシュに加盟店登録したい...
X TABLE(クロステーブル)の加盟店登録方法や出店のメリット、手数料や初期費用について解説!
本記事では飲食店向けにクロステーブルの加盟店に登録する方法や、手数料などの費用、出店のメリット・デメリットについて解説します!以下の悩みを持っている方にオススメの記事です。「クロステーブルに加盟店登録したいけどやり方がわからない...

■スタッフを十分に働かせてあげられていない飲食店の方へ

現状、お店のスタッフの方をなかなか働かせてあげられていない、飲食店の方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、今後客数が戻って来た時のことを想定すると、スタッフの人数は揃えておきたいところだと思います。

フードデリバリーなら、働く時間も日数も自由なので、客数が少なく、お店で働けない状況の今だけ働くにはもってこいです。

当サイトでは、フードデリバリー配達員に向けた情報も発信しているので良かったらスタッフの方にオススメしてはいかがでしょうか?

参考記事は以下からどうぞ↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました