【ここをクリック】デリバリーサービス各社招待コードまとめ(Uber,menu,chompy,foodpanda,出前館)

マイクロ法人とは?フリーランスの社会保険料削減方法を解説!

マイクロ法人設立で社会保険料を削減kしよう! 個人事業主向け
スポンサーリンク
出前館 配達パートナー募集

クーパン広告

個人事業主やフリーランスの方の中には、税金の高さに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが「マイクロ法人」です。

1人社長の会社を設立することで、毎月の社会保険料などの削減ができるようになります。

ちなみに年間所得が400万円の方であれば、なんと節税効果は約60万円!!

マイクロ法人のススメについては「リベ大」の動画でも紹介されていましたね!

フリーランスの方の場合、節税対策をしていないと会社員よりも返って手取り収入が減ってしまいますので、しっかり対策をしていきましょう。

この記事ではマイクロ法人のメリットやデメリット、作り方などを解説するのでぜひ参考にしてください!

まっすー
まっすー

僕自身、フリーランスで働いていて将来への不安を感じていたり、節税への興味があったので調査してきました!

■この記事でわかること!
・マイクロ法人のとは
・マイクロ法人のメリット
・マイクロ法人の作り方
まっすー
まっすー

本題の前に個人事業主、フリーランスの方に向けたお得情報をお知らせ!

マイクロ法人が推奨!
マイクロ法人の設立には菊池会計事務所!

菊池会計事務所

みん社保は違法行為ではありませんが、倫理的にそれってどうなの?という声も一部あがっているのは事実です。

USA
USA

そこで、おススメしたいのがマイクロ法人!

年間所得が400万円の方であれば、なんと節税効果は約60万円以上!!

マイクロ法人は、個人事業主の節税対策として、下記のようなメリットがあり、昨今、Youtubeなどでも取り上げられたりと注目されております。

  • 税金が減る
  • 社会保険料が減る
  • 年金受給額が増える

その一方でデメリットとしては、法人設立の手続きや決算(法人税の支払い)など、手続きは個人事業主に比べると難しくなります!

そこで、丸投げOK!なマイクロ法人専門の会計事務所を活用しましょう!
※マイクロ法人専門の会計事務所だから、月の顧問料は5,000円~!相談料も無料!

気になる方はぜひご相談してみてはいかがでしょうか?

必見!フリーランス向けの無料で入れる保険!

フリーナンスとは

「フリーナンス」とは?
・会員登録だけで無料の損害賠償保険に加入!
・補償上限は5,000万円!(個人情報漏洩の賠償金や納品物の欠陥トラブルにも対応!
・招待コード利用で現金1,000円ゲット!
・ファクタリングや休業補償保険も用意!

フリーナンスは個人事業主・フリーランス向けに無料の保険や、ファクタリングを提供しているサービスです。

取引先に損害を与えてしまった時や、資金繰りに困ったときの報酬先払いサービスなど、フリーランスが安心して働くためのサービスが用意されています!

あんしん補償は、お仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故を無料で補償。情報漏えいや著作権侵害などを原因とするフリーランス特有の事故に対する備えを!!

USA
USA

無料で損害賠償保険に入れる上に、招待コード「FkRwFp」を入力して登録すると現金1,000円がもらえます!

■フリーナンスの招待コード
「FkRwFp」
会費ずっと0円!フリーナンスに登録する

クーパン広告

マイクロ法人とは

■マイクロ法人とは
社会保険に加入するための1人社長の法人のこと!

マイクロ法人とは、自分が社長であり会社員である1人社長の法人のことです。

法人と聞くと、事務所や従業員などを構えている会社をイメージするかと思いますが、マイクロ法人は1人社長が従業員を雇わずに必要最低限の環境で行う事業形態となっています。

まっすー
まっすー

マイクロ法人の主な事業形態としては、ブログやせどり、YouTubeなどが多いようです!

マイクロ法人と個人事業主の二刀流をすることで、本来所得に応じて上昇する社会保険料の金額を抑えることができるので、一般的な法人とは異なり、節税目的で設立されることが多いです。

フリーランスがマイクロ法人を設立するのは違法?

■マイクロ法人設立は違法?
違法ではありません!

フリーランスが節税目的でマイクロ法人を設立すると「違法なのでは?」と感じる方もいるでしょう。

「事業活動の実態がない会社」を節税目的で設立することは違法となりますが、事業活動をしている上で法人を設立することは全く問題がありません!

まっすー
まっすー

いわゆる「ペーパーカンパニー」は違法になるので注意!

事業活動実績の有無が違法かどうかのポイント!!

フリーランスがマイクロ法人を設立するメリット

■マイクロ法人を設立するメリット
社会保険料を月22,000円にできる!

フリーランスの方がマイクロ法人を設立する最大のメリットは「社会保険料の削減」です。

マイクロ法人を設立して1人社長の会社の会社員となることで、通常フリーランスでは加入することができない「健康保険」と「厚生年金」に加入することができます。

健康保険料は収入によって支払う金額が変わるので、マイクロ法人から受け取る役員報酬の63,000円以下にすることで、毎月6,000円に!

厚生年金は収入に関わらず16,000円なので、合計すると社会保険料は月22,000円ということになります。

まっすー
まっすー

毎月の社会保険料が22,000円を超えている方はマイクロ法人とフリーランスの二刀流をするべきです!

フリーランスがマイクロ法人を設立する際の注意点

■マイクロ法人設立の注意点
異なる事業で売上を上げている必要がある!

フリーランスの方がマイクロ法人を設立して節税を行うためには、個人事業と法人事業で異なる事業で売上を上げている必要があります。

個人と法人とで、売上を上げている業種が同じ場合は、売上が一括りにされてしまうので社会保険料を削減することができません。

■OKな例
Webライターを個人事業として年間320万円、ブログを法人として年間80万円の売上を上げている場合、マイクロ法人から役員報酬を支払うことで節税可能!
■NGな例
ウーバーイーツ配達員を個人として年間320万円、出前館配達員を法人として年間80万円の売上を上げていても、どちらも配送業での売上なので節税効果はなし!

マイクロ法人設立のデメリット

■マイクロ法人設立のデメリット
経理の手続きが複雑。。

節税効果が魅力的なマイクロ法人設立ですが、法人設立にあたっての経理手続きが複雑というデメリットがあります。

「法人事業概要所」や「勘定科目内訳書」などの書類を用意する必要があり、個人でも調べて作成することはできないことはないのですが、簿記3級程度の知識が必要となるので一定の時間と労力がかかります

自分で1から調べて税務書類を用意するのが面倒という方は、税理士にマイクロ法人設立の手続きを依頼しましょう!

まっすー
まっすー

個人的には税理士に設立手続きを依頼した方が税務関係の相談もでき、稼ぐことのみに集中できるのでおすすめ!

マイクロ法人設立は税理士に依頼しよう!

マイクロ法人は、上述した通りメリットも高いですが、手間も非常にかかりますし、何よりわからないことがたくさんあると思います!

USA
USA

私はマイクロ法人ではないのですが、会社を経営してますが、最初っから税理士さんに依頼してます!!

はっきり言って、税理士さんに頼まないことは無謀です(笑)

そこで、私が厳選した2つのサービスを紹介します!

菊池会計事務所

菊池会計事務所

菊池会計事務所とはマイクロ法人専門の税務顧問サービスを提供している、珍しい会計事務所です。

■菊池会計事務所
マイクロ法人専門の税務顧問サービスを提供!

丸投げOK!なマイクロ法人専門の会計事務所を活用しましょう!
※マイクロ法人専門の会計事務所だから、月の顧問料は5,000円~!相談料も無料!

  1. 業界最安料金(初回相談料無料!
    顧問費用を月額5,000円~でご提案
  2. 節税効果で、税理士報酬を上回る
    節税効果での金額で、税理士報酬を支払っても、結果的にお得!(実質無料!)
  3. 契約前に節税効果を徹底シュミレーション
    契約前に、マイクロ法人を設立しなかった場合と設立した場合の節税効果がどれだけあるかを試算してご提案

気になる方はぜひご相談してみてはいかがでしょうか?

税理士紹介ネットワークとは?

「マイクロ法人設立を税理士に依頼しようと思うんだけど、税理士はどうやって探すの?」という方におすすめなのが「税理士紹介ネットワーク」というサービスです。

自分の業種や目的、予算にあった税理士をマッチングしてくれるサービスで、最大の魅力は「完全無料」で利用できるという点です。

まっすー
まっすー

自分の条件にあった税理士がそもそもいるのかどうかも含めて無料相談できるので、まずは一度問い合わせをしてみましょう!

詳細記事税理士紹介ネットワークとは?

まとめ:フリーランスのマイクロ法人設立について

■マイクロ法人とは

  • 個人事業との二刀流で節税できる
  • 社会保険料は月22,000円になる
  • 本業とは別の事業で売上を上げる必要がある

フリーランスの方がマイクロ法人を設立して、個人事業と法人事業の二刀流を行うと社会保険料の削減などの節税対策をすることが出来ます。

扶養家族がいる人は節税効果が高く、健康保険に加入することで年間100万円以上の節税も期待できます。

独身の方でも年間所得が400万円の方であれば60万円ほどの節税をすることができるようになるので、ぜひマイクロ法人設立を検討してみてください!

まっすー
まっすー

マイクロ法人設立に関する税理士相談は「税理士紹介ネットワーク」から無料で行うことが出来ますよ!

最後までご覧いただきありがとうございました!

必見!フリーランス向けの無料で入れる保険!

フリーナンスとは

「フリーナンス」とは?
・会員登録だけで無料の損害賠償保険に加入!
・補償上限は5,000万円!(個人情報漏洩の賠償金や納品物の欠陥トラブルにも対応!
・招待コード利用で現金1,000円ゲット!
・ファクタリングや休業補償保険も用意!

フリーナンスは個人事業主・フリーランス向けに無料の保険や、ファクタリングを提供しているサービスです。

取引先に損害を与えてしまった時や、資金繰りに困ったときの報酬先払いサービスなど、フリーランスが安心して働くためのサービスが用意されています!

あんしん補償は、お仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故を無料で補償。情報漏えいや著作権侵害などを原因とするフリーランス特有の事故に対する備えを!!

USA
USA

無料で損害賠償保険に入れる上に、招待コード「FkRwFp」を入力して登録すると現金1,000円がもらえます!

■フリーナンスの招待コード
「FkRwFp」
会費ずっと0円!フリーナンスに登録する

コメント

タイトルとURLをコピーしました