【ここをクリック】デリバリーサービス各社招待コードまとめ(Uber,menu,chompy,foodpanda,出前館)

【No.1バッグ!?】Chompy配達員のバッグ・ウェアについて解説!

chompy
スポンサーリンク

今回は、渋谷を中心に、サービスを拡大しており、ユーザー、加盟店、配達員ファーストで評判の良い、国内発のデリバリーサービス企業Chompy(チョンピー)のバッグ・ウェアについて解説します!

本記事は、デリバリー配達員として働いていて、デリバリー配達員やこれからデリバリー配達員を始めてみたい方向けに役立つ情報を提供しており、配達員の紹介実績は1,500名以上のASAKUSA’Sが書いております。
Chompyについて、まだ何も知らないという方は、下記の記事をご覧ください。(配達員になりたい方は、招待コード【KRRBLC】を登録時に、ご利用いただくと、紹介報酬¥7,500の権利を得ることができます。
スポンサーリンク

Chompy配達員のバッグ・ウェアについて

2月よりオープンβ版でスタートして、8月より正式にサービスをリリースしたChompyですが、実は専用のバックとウェアを提供し始めたのは、11月中旬からのことです。

Chompyのバックは、Uber eatsのバッグに比べると、非常に軽く、使い勝手も良いので、非常に評判の良いバックです!!

それでは、詳しく見ていきましょう

Chompy配達員のバッグについて

Chompyのバッグは、非常に軽いかつ、作りもしっかりしていて、非常に評判の良いバックです。

大きさはUber Eatsのバックとさほど、違いはないですが、Uber Eatsのバッグが角ばった四角形に対して、Chompyのバッグは、少し角が丸くなった感じになっています。

前面のポケットを全開に開くと、拡張することができます。拡張することで、ピザやお寿司などといった、幅が長い商品も十分に入れることが可能です。

Chompy配達バッグの内部について

それでは、次に内部を見ていきましょう。

Chompyのバッグには、2種類の付属品付きです。
①画像上の黒いバックルが5ヵ所についているものは、仕切りとなります。
②画像下の銀色の板が、底に敷く保温材となっています。

使い方としては、下記のような形です。

①左右の仕切りにする、保温材は下に敷く。

②5ヵ所のバックルを止めて、上下に分ける仕切りにする。保温材は底に敷く。

困ったくん
困ったくん

下、狭くない!?

アサクサズ
アサクサズ

全く門題ないです!下が狭く見えるのは商品が入っていないから。商品が入っている場合、バックるに余裕があるため、上下に高さの調整が可能な仕様になっています!

バックはこのような形になっていますが、この設計ですごく軽いんです!Uber Eatsのバックの2/3ぐらいの重さだと思います。

Chompyのウェアについて

次は、Chompyのウェアについて、解説します。

Chompyのウェアは、2種類用意されています。
①ウィンドブレーカーのようなジャケット:1枚
②ポロシャツ:2枚

Chompyのウェア:ウインドブレーカーについて

Chompyのウインドブレーカーです。

こちらは、正直に言うと、大した商品じゃないです。
ボディは、United athleというメーカーの商品で、Chompyロゴをプリントした形になります。

よくあるオリジナルTシャツやパーカーを作るときのボディとして利用される一番有名なメーカーの商品です。

物は悪くないのですが、機能性は、期待できるものではないので、秋ごろまでは使えますが、真冬は厳しいでしょう。

素材:ポリエステル100%

Chompyのウェア:ポロシャツ

Chompyのポロシャツです。

こちらも、ウインドブレーカー同様、大した商品ではありません。

United athleではないのですが、同じ会社が造成しているボディにプリントを付けたという感じです。

いわゆる、学園祭で作るクラTレベルです。

ポロシャツなので、クオリティ求めてもですが(笑)

素材:ポリエステル100%

Chompyのウェア・バッグのデポジットについて

Chompyのウェア・バッグのデポジットは、

7,000円です!

■内訳
バッグ:4,000円
ウインドブレーカー:1,200円
ポロシャツ:2枚で1,800円

アサクサズ
アサクサズ

少しお高め・・・

とはいえ、Chompyの場合、こちらのバッグとウェアを受け取らないと、稼働することができません!

そのため、Chompyの配達員として稼働したいのであれば、必須アイテムということになります。
※配達中、必ずChompyのバッグ、ウェアを着用しなければいけないわけではないです。強く推奨となります。

Chompyのバッグ・ウェアのデポジットの引き落とし方

7,000円のデポジットの引き落とし方は、Chompyの毎週の収入から、最大3,500円がデポジットに充てられます。(バッグ・ウェアを受け取った、翌週の火曜日の振込分の売上から徴収スタート

つまり、最短で2週間でデポジット支払い完了となります

Chompyクルーの登録を削除し、ウェア・バッグを返却した際、7,000円のデポジットは返金されます。

Chompy配達員のバッグ・ウェアの受取場所

■受け渡し場所
〒153-0042 東京都目黒区青葉台3丁目18−3 THE WORKS 201(Chompyオフィス)

■受取時間
毎週火曜日と金曜日の15:00~18:00の時間帯のみ対応 (予約などは不要)

Chompyバッグの交換(破損や故障時について)

Chompyでは、バッグを受け取ってから、100回以上配達していれば、無償交換しております!

交換後、再度、バッグを交換する場合は、前回の交換後から、さらに100回以上配達していれば、無償交換が可能です。

※100回未満の場合は、デポジット発生します。また紛失の場合は、再度デポジットが必要となります。

まとめ:Chompyのバッグ・ウェアについて

今回は、Chompy配達員のバッグ・ウェアについて、解説しました。

Chompy配達員になるためには、必須のアイテムとなるので、必ずゲットしましょう。

配達用のバッグはお世辞抜きにおすすめです!

軽くて、使い勝手もよく、他社バックの中でも一番良いバックと思います。

最後にこれから、配達員登録をする方は、お得な招待コード【KRRBLC】を利用して登録していただくことをお勧めしています。

30日以内に30回配達をすることで、7,500円の特別報酬がゲットできます!

是非、ご興味ある方は、下記の記事をご参考までに。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました