【ここをクリック】デリバリーサービス各社招待コードまとめ(Uber,menu,chompy,foodpanda,出前館)

チョコザップとエニタイムの違いは?料金などを徹底比較!

チョコザップとエニタイムの違いを徹底比較 チョコザップ
スポンサーリンク
出前館 配達パートナー募集

クーパン広告

チョコザップの入会を検討している方の中には、同じく24時間ジムの「エニタイム」との違いが気になっている方も多いのではないでしょうか?

結論、「筋トレ初心者ならチョコザップ一択」です!

この記事では、なぜ初心者にはチョコザップがおすすめなのか、またどのような人はエニタイムの方がいいのかを詳しく解説します。

まっすー
まっすー

エニタイム歴3年の僕がチョコザップも体験してきたので、ぜひ参考にしてください!

■この記事でわかること!
・チョコザップとエニタイムの違い
・チョコザップがおすすめな人
・エニタイムがおすすめな人
USA
USA

今なら入会特典として「体組成計」と「ヘルスウォッチ」が無料でもらえます!
このチャンスをお見逃しなく!

体組成計とヘルスウォッチ

月額2,980円で通い放題!チョコザップの公式HPはこちら
まっすー
まっすー

本題前にお得なお知らせ!
チョコザップ始めるのならプロテインは必須!
オススメの最安、最強プロテインをご紹介!

要チェック!チョコザップ始めたのにプロテインを飲まないのはもったいない!
プロテインといったら、マイプロ!(プロテイン界では1番安くて、コスパ最強!)

マイプロテインの紹介コード!

まっすー
まっすー

せっかくチョコザップに通っても、たんぱく質やビタミンなどの栄養が不足していると効果が激減。。
「マイプロテイン」なら40%オフ&1,500円引きで購入できるのでお見逃しなく!!

■マイプロテインをお得に購入できるチャンス!
・マイプロテイン初回利用で40%オフ!

・当ブログ紹介コード入力で1,500円クーポンゲット!

マイプロテインのセールを利用してプロテインを購入すれば、実は食事で栄養補給するよりも安上がり!

値段も40%割引で、どこのメーカーよりも最安価格!

しかも、マイプロテインのプロテインは味が美味しいのでジュース感覚で飲めますよ!

USA
USA

「プロテイン=まずい」は昔の話!
今は飲むのが楽しみになるほどおいしいです!

■マイプロテインの紹介コード
「SJXC-R8」

参考記事マイプロテインをお得に購入する方法を解説!

クーパン広告

チョコザップとエニタイムの違いを比較

チョコザップ エニタイム
月額費 2,980円(税込3,278円) 8,000円くらい(店舗による)
営業時間 24時間365日 24時間365日
マシンの種類 11種類 20種類〜30種類くらい
フリーウエイト ×
シャワー ×
セルフ脱毛 ○(一部店舗) ×
セルフエステ ×
ゴルフブース △(一部店舗) ×
スタッフ 常にいない 日中だけいる
パーソナルトレーナー ×
トイレ △(一部店舗)
駐輪場・駐車場 × △(一部店舗)
鍵付きロッカー ×
店舗数 約200店舗 約1,000店舗

設備に関しては基本的に「エニタイム」の全勝となっています。

チョコザップが勝っている設備は「セルフ脱毛・セルフエステ・ゴルフブース」のみなので、純粋なトレーニングジムとしての機能はエニタイムの方が高いです。

ただ、月額費に関してはチョコザップの方が半額以下で利用できるので、チョコザップでも事足りるのであれば、チョコザップにすべき!

まっすー
まっすー

両方使ってみた感想としては、「初心者はチョコザップ」「中級者以上はエニタイム」がおすすめ!

月額2,980円で通い放題!チョコザップの公式HPはこちら

チョコザップとエニタイムの月額料金比較

■月額料金
・チョコザップ→月額2,980円(税込3,278円)
・エニタイム→月額8,000円くらい(店舗による)

まずチョコザップとエニタイムとでは「月額費」が大きく異なります。

エニタイムの料金は店舗にもよりますが、大体月8,000円くらい。

対してチョコザップは全店一律の月2,980円となっています。

その差は2倍以上となっているので、そもそもの設備は基本的にエニタイムの方が上です。

ただ、人によっては必要のない施設もあるので、自分のスタイルに合ったジムを選択しましょう!

月額2,980円で通い放題!チョコザップの公式HPはこちら

チョコザップとエニタイムのマシンによる違い

■マシンによる違い
・チョコザップ→全身週1〜2回の人向け
・エニタイム→部位ごとに細かく分ける人向け

チョコザップは全身を鍛えるための基本的なマシンのみが置いてあるのに対して、エニタイムは1つの部位でも複数種類のマシンが用意されています。

また、ダンベルやバーベルといった「フリーウエイト」ができるのもエニタイムのみです。

エニタイムは細かく多くの種類の筋トレすることができるので、週に3回以上のガッツリトレーニングに適しています。

逆に、週1〜2回のトレーニングであれば、細かく筋トレを分けるよりも全身のトレーニングをした方が効率が良いので、基本的なトレーニングができるチョコザップで問題ありません!

まっすー
まっすー

僕は週5〜6日筋トレをしているのでエニタイム派ですが、週1〜2回のトレーニングだとエニタイムのマシンは少しオーバースペックです!

月額2,980円で通い放題!チョコザップの公式HPはこちら

チョコザップとエニタイムのシャワーによる違い

■シャワーによる違い
・チョコザップ→近所なら問題なし
・エニタイム→近所じゃなくてもOK

エニタイムにはシャワーがありますが、チョコザップにはシャワーがありません。

なので、基本的には家の近所のチョコザップを利用するのがおすすめです。

まっすー
まっすー

そもそもチョコザップには駐車場と駐輪場がないので近所の人がメインターゲット!

エニタイムの場合は外出先であっても、ジムでシャワーを浴びることができるので、家の近所でなくても問題なくトレーニングをすることができます。

ただ、僕は家の近所のエニタイムに通っているので、シャワーはほとんど使ったことがありません!

シャワーなしで良いから月会費を安くしてほしいというのが本音です。笑

関連記事チョコザップのシャワーやロッカーなどの設備について!

月額2,980円で通い放題!チョコザップの公式HPはこちら

脱毛とエステはチョコザップにしかない!

脱毛とエステがしたいならチョコザップ一択!!

セルフ脱毛とセルフエステの設備は「チョコザップ」にしかありません!

チョコザップのトレーニング設備はエニタイムより完全に劣っているのですが、このセルフ脱毛とセルフエステも利用できて月額2,980円という点が、チョコザップならではの魅力です。

本気でマッチョになりたい人にとっては「エニタイム」の方が適していますが、軽い運動が目的で美容ケアもしたいという方は断然「チョコザップ」の方がおすすめ!

まっすー
まっすー

チョコザップのセルフ脱毛はVIO脱毛が禁止となっているので、安くVIO脱毛をしたい人は僕が通っている「つるピカ」をチェックしてみてください!

月額2,980円で通い放題!チョコザップの公式HPはこちら

チョコザップとエニタイムのスタッフによる違い

■スタッフによる違い
・チョコザップ→アプリでマシンの使い方をチェック
・エニタイム→スタッフに使い方を教えてもらえる

エニタイムには「スタッフアワー」と呼ばれる時間帯のみスタッフが在中しています。

その時間であれば、マシンの使い方などを聞くことができるので、直接人から教えてもらいたいという方はエニタイムの方がおすすめです。

一方でチョコザップにはスタッフがいないので、マシンの使い方などはアプリの動画を見て確認することとなります。

■参考動画↓↓

まっすー
まっすー

チョコザップに置いてあるマシンは簡単な動きのマシンしかないので、動画でも十分に使い方を理解することができますよ!

月額2,980円で通い放題!チョコザップの公式HPはこちら

チョコザップとエニタイムの服装の違い

チョコザップ エニタイム
服装 基本自由 運動に適した服装
土足OK 土足OK

チョコザップとエニタイムとでは、利用する際の服装についても少し異なります。

どちらも土足OKなので、室内シューズを持ち歩く必要がないという点は同じなのですが、自由度は「チョコザップ」の方が高いです。

チョコザップはスーツや革靴といった服装でも利用することができますが、エニタイムは運動に適した服装(スポーツウェアや運動靴)でないと利用することができません。

まっすー
まっすー

僕自身、エニタイムを普段着で利用しようとした際に、スタッフに利用NGを出されたことがあります。。

なので、チョコザップの方が気軽にジムに立ち寄るという使い方がしやすいです。

僕自身はいつでもエニタイムに通えるように、常にスポーツウェアを身につけています!笑

関連記事チョコザップの服装・靴について解説!

月額2,980円で通い放題!チョコザップの公式HPはこちら

チョコザップとエニタイムの雰囲気による違い

チョコザップとエニタイムの雰囲気の違い

■雰囲気による違い
・チョコザップ→初心者しかいないので気楽
・エニタイム→ガチ勢がいると少し緊張する

チョコザップとエニタイムとでは、雰囲気にも違いがあります。

エニタイムは筋トレ設備が整っている分、筋トレ中級者や上級者が多いので、初心者にとってはやや緊張した雰囲気に感じるかもしれません。

一方でチョコザップは基本的なマシンしかないため、利用者は初心者ばかりです。

筋トレを始めたばかりの人でも気軽に利用しやすい雰囲気となっています。

月額2,980円で通い放題!チョコザップの公式HPはこちら

まとめ:チョコザップとエニタイムの違い

■結論!!
チョコザップは初心者、エニタイムは中級者以上向け!

チョコザップはエニタイムよりも設備が少ない分、月額費が半分以下の2,980円となっています。

筋トレ中級者以上の方には少し物足りない設備とはなりますが、筋トレ初心者にとっては十分の内容です。

週1〜2回程度のトレーニングを予定している方は、チョコザップのマシンでも十分に鍛えることができるでしょう!

また、チョコザップにはセルフ脱毛とセルフエステもあるので、美容目的としても利用できるのが大きな魅力です。

ぜひ自分のスタイルに合ったジムを選んでみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

月額2,980円で通い放題!チョコザップの公式HPはこちら

要チェック!筋トレしたのにプロテインを飲まないのはもったいない!

マイプロテインの紹介コード!

まっすー
まっすー

せっかく筋トレをしても、たんぱく質やビタミンなどの栄養が不足していると効果が激減。。
「マイプロテイン」なら40%オフ&1,500円引きで購入できるのでお見逃しなく!!

■マイプロテインをお得に購入できるチャンス!
・マイプロテイン初回利用で40%オフ!

・当ブログ紹介コード入力で1,500円クーポンゲット!

マイプロテインのセールを利用してプロテインを購入すれば、実は食事で栄養補給するよりも安上がり!

しかも、マイプロテインのプロテインは味が美味しいのでジュース感覚で飲めますよ!

USA
USA

「プロテイン=まずい」は昔の話!
今は飲むのが楽しみになるほどおいしいです!

■マイプロテインの紹介コード
「SJXC-R8」

参考記事マイプロテインをお得に購入する方法を解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました