【ここをクリック】デリバリーサービス各社招待コードまとめ(Uber,menu,chompy,foodpanda,出前館)

Bitpoint(ビットポイント)のメリット・デメリットを徹底解説!

bitpointのメリットデメリット 仮想通貨取引所関連
スポンサーリンク
出前館 配達パートナー募集

クーパン広告

Bitpoint(ビットポイント)は、BIG BOSSを広告に使用している国内の暗号資産取引所です。

「現物取引にかかる手数料が全て無料」ということで、多くのユーザーから支持を集めています。

また、ビットポイントでしか取り扱いのない暗号資産もあるので、初心者はもちろんのこと、すでに講座を持っている中上級者にもおすすめできる取引所となっております。

この記事では、ビットポイントのメリット・デメリットを紹介するので、ぜひ口座選びの参考にしてください!

まっすー
まっすー

現物取引をメインに行う予定の方におすすめの取引所!

■この記事でわかること!
・ビットポイントのメリット
・ビットポイントのデメリット
・ビットポイントの手数料

クーパン広告

Bitpoint(ビットポイント)の基本情報

bitpoint

取り扱い通貨 13種類
スマホ対応 あり
取引方法(BTC) 現物取引
最低取引数量(BTC) 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営会社 株式会社ビットポイントジャパン
会社設立日 2016年3月3日

ビットポイントは株式会社ビットポイントジャパンが運営する暗号資産取引所です。

最大の特徴は「現物取引にかかる手数料が全て無料」という点で、多くのユーザーから支持を受けています。

取り扱い通貨は13種類と、やや他の取引所に比べると決して多くはありませんが、国内で唯一$IOSTを取り扱っている取引所です。

Bitpoint(ビットポイント)の取り扱い通貨

ビットポイントの取り扱い通貨

■取り扱い通貨(13種類)

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
  • アイオーエスティー(IOS)

ビットポイントの取り扱い通貨は上記の通りです。

$IOSTは国内の取引所でビットポイントしか取り扱っていない通貨となっています。

まっすー
まっすー

$IOSTを日本円から購入したいという人はビットポイント一択!

Bitpoint(ビットポイント)のメリット

■ビットポイントのメリット

  • 現物取引の手数料が無料
  • 少額から投資可能
  • 初心者から上級者まで使いやすいスマホアプリ
  • $IOSTの取り扱いがある

現物取引の手数料が無料

手数料が無料

ビットポイントの最大のメリットが「現物取引にかかる各種手数料が全て無料」という点です。

手数料の高い取引所だと、知らない間にそこそこの暗号資産が減っていたということもあるのですが、ビットポイントは取引手数料も、入金手数料も無料なので安心して取引ができます。

取引の頻度を気にすることなく、暗号資産の売買ができるので初心者にもかなりオススメ!

少額から投資可能

ビットポイントはどの暗号資産も500円から取引を行うことができます。

少額からでも取引ができるので、とりあえず場数を踏んで勉強したいという初心者の方にピッタリな機能です。

初心者から上級者まで使いやすいスマホアプリ

アプリが使いやすい

ビットポイントはアプリの取引ツールが充実しています。

スマホから簡単に取引できる機能が用意されているので初心者でも簡単に取引ができますし、板形式でも取引ができる機能もあるので上級者でも満足できるアプリです。

外出先でも暗号資産の取引をしたいと考えている方にビットポイントはかなりオススメ!

$IOSTの取り扱いがある

$IOSTを取り扱っている国内の暗号資産取引所はビットポイントのみです。

なので、日本円で直接取引を行いたいという人はビットポイント一択となっています。

すでに他の取引所で口座開設しているという人も、ビットポイントは開設しておいて損のない取引所と言えるでしょう!

Bitpoint(ビットポイント)のデメリット

■ビットポイントのデメリット

  • 取り扱い通貨が少ない
  • レバレッジ取引ができない

取り扱い通貨が少ない

ビットポイントの取り扱い通貨は13種類と比較的少なめとなっています。

ビットポイントだけだと、取引ができない通貨も出てくる可能性が高いので、コインチェックやGMOコインといった主要な暗号資産取引所の口座も開設しておくのがオススメです。

レバレッジ取引ができない

ビットポイントのレバレッジ取引は2022年12月22日に終了となりました。

投資資金が少なくても大きなリターンを狙うことができるレバレッジ取引を利用することができないというのは、一部の人はデメリットに感じる部分です。

現物取引しかする予定のない人にとっては、特にデメリットに感じる部分ではありません!

まとめ:Bitpoint(ビットポイント)のメリット

■ビットポイントのメリット

  • 現物取引の手数料が無料
  • 少額から投資可能
  • 初心者から上級者まで使いやすいスマホアプリ
  • $IOSTの取り扱いがある

ビットポイントは現物取引にかかる手数料が全て無料となっています。

レバレッジ取引ができないというデメリットはありますが、現物取引しか行う予定のない人にとってはかなりおすすめの取引所です。

また、$IOSTを取り扱っている唯一の国内暗号資産取引所なので、日本円で直接$IOSTの取引を行いたいという人は、ビットポイントで口座開設しましょう!

まっすー
まっすー

ビットポイントはすでに取引所の口座開設をしている人にもオススメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました